HOME
会社概要
事業内容
工法について
工事実績
求人情報
 
 
 
 
 
 
 
地中に埋設されている下水道管を掘削等の開削工事を伴わずに非開削で修繕・補強する工法です。
管更生による手法は既存のライフラインをそのままに最小限の占有スペースで施工が可能となっており、
短期間での工事完了ができるなど、開削工事と比べて多くのメリットがあります。
材料の性質に合わせて工法タイプが確立されており、施工方法や現場条件等により使い分けて工事を
行います。
 
 
・オールライナー工法(二層構造管)
・オールライナーZ工法(自立管)
・PFL工法(大口径800mm以上)
・KanSlip工法
 
 
 
 
巡視点検や管内調査によって発見された破損や欠陥・浸入水・老朽化などの不良箇所をそのまま放置しておくと陥没事故や溢水事故の原因に恐れがあります。
その為、専門の知識を有する技術者が適切な補修対策を検討し短時間で的確かつ効率的に部分補修を
行います。
 
 
 
 
表面部材であるポリエチレンのライナーを形成し、マンホールとポリエチレン製更生材を一体化する
更生工法です。
大掛かりな機材を使いませんので、作業の騒音などは少ない工法です。
 
 
 
 
管路施設(管きょ、マンホール)の調査とは、長年使用されてきた下水道管内やマンホール等を
目視又はTVカメラを用いて、破損・クラック・腐食のような劣化状況や堆積物・木根侵入のような
流下能力を阻害状況の有無を把握し、診断することです。
 
 
 
 
Copyright (c) 2017 株式会社ナインスティツ All rights reserved.